HOME > 「HDDとSSDの寿命はどれくらい?」のページ

HDDとSSDの寿命はどれくらい?

HDDとSSDの寿命

HDDとSSDは使用用途や使い方によってその寿命(耐久性)は前後します。

寿命のスタートは電源を入れた時から開始します。

一般的な話ではHDDの寿命は約3年、SSDの寿命は約5年と言われています。

HDDとSSDの構造の違い

SSD
(出典:"HDD SSD" by Stratageme.com is licensed under CC BY-NC-SA 2.0

このHDDとSSDの寿命の差はなぜ生まれるのかというと、その構造の違いに秘密があります。

SSDは可動部分がなく、USBメモリのようにICチップが半田付けされており、軽量で衝撃に強いです。

一方でHDDは主にプラッタと呼ばれる円盤のディスク、プラッタに書き込む磁気ヘッドが稼動部分になります。

HDDの電源が入っている間はずっと、このプラッタと磁気ヘッドが動き続けます。 可動部は時間と共に耐久性が早く進みます。

さらに衝撃や振動などが加わるとさらに寿命を縮めてしまいます。

HDDとSSDの寿命を早める使い方

HDDは約3年、SSDは約5年の寿命があると説明しました。

しかしながら、これはあくまでも目安であって使用用途によってはさらに寿命を早めてしまう可能性があります。

例えば、常時大量のデータを記録し続けたり、電源を頻繁に入れたりするような使い方をすると故障する確率は高くなります

主に次のような使用方法によって寿命は短くなります。


  • テレビ用などの大量データの書き込み
  • 常時読み書きするサーバー
  • 頻繁に電源を付けたり消したりする
  • 強い衝撃や振動を繰り返し与える
  • 強力な磁力の側に置く

SSDのNAND型フラッシュメモリの違いによる寿命の違い

SSD
(出典:Kingston

SSDの寿命は約5年です。

これは使用用途によって前後があります。 この他にSSDに搭載されているNAND型フラッシュメモリ(チップ)のセルの違いでも耐久性が異なります。

セルの種類と耐久性

セル(Cell) ビット 耐久性
SLC
(Single Level Cell)
1bit 高い
MLC
(Multiple Level Cell)
2bit 普通
TLC
(Triple Level Cell)
3bit 低い
QLC
(Quadruple Level Cell)
4bit 低い

セルはデータを保存するユニットでbitで表されます。

1セルに1bit(0か1)、2bitなら(00~11)、3bitなら(000~111)、4bitなら(0000~1111)のように記録できるデータ容量が変わります。

一般的に記録できる容量が小さい程、書き込みの耐久性・信頼性・速度は高くなります。

この中ではSLCが最も耐久性のあるセルになります。


最終更新:2021/8/24


ページトップに戻る